TOP » おとぎの里について

おとぎの里について

おとぎの里

 全国ではじめての“道と川の駅”の名乗りを上げた「上田道と川の駅」は平成22年4月1日に美しい自然と歴史に彩られたこの地にオープンしました。
「おとぎの里」は、上田道と川の駅の構想段階から関わってきた有志を核として、平成22年8月1日より飲食・物販の運営を開始しました。
活動の原点は平成6年当時、千曲川(現在の川の駅)で子供たちとの川遊びや川の勉強会を始めたことでした。その後、地域振興の拠点づくりの研究会を地元の皆さんと開始。草刈やゴミ拾い、遊歩道整備といった「地域の魅力アップ活動」や「地域環境研究会」、地域の課題にどの様に取り組むのか等の話し合い、また、地域の公益活動と収益活動のバランスのとれた展開等、地域の皆さんや行政、大学、地域団体の皆様方とと共に考え、共に行動し、現在に至ります。

組織の理念

「持続可能な豊かな地域の創造

組織の構成

つの部会 PDF

 

おとぎの里のめあて

  • ■「コミュニティービジネス方式」により、収益事業とそれに支えられる公益事業の展開し“新たな公共の場づくり”を目指しています。
  • ■“地域性・社会性+事業性・自立性”を伴った「地域事業」を展開しています。
  • ■民(産)・学・官の連携と協働を推進しています。
  • ■市民が主体となり、特徴ある持続可能な“豊かな地域社会の創造”を目指しています。

おとぎの里の「おとぎ話」 ←PDF

施設概要

所在地:上田市小泉字塩田川原2575-2

問合せ:0268-75-0587

開館時間:9:00~18:00

駐車場:普通66台、大型25台、身障者用2台、二輪車用、臨時P300台

※駐車場・トイレ、喫煙室は24時間利用可能

ドッグラン:利用可能時間日の出~日没まで、無料

休館日:無

 

「上田 道と川の駅」は千曲川、浦野川の自然環境を活かした親水空間である「川の駅」と「道の駅」が一体となった全国で初めての施設で、平成10年4月に登録されました。公園内にはウォーキングコース、芝生広場、ドッグラン等が整備されています。また防災拠点として位置づけられており、防災備蓄倉庫(仮設テント50張、毛布700枚、発電機付き投光器2基、災害用便槽24孔、飲料水の備蓄・ペットボトル2リットル5,000本)、ヘリポートがあります。

ここから望む日本百景 奇岩「岩鼻」は高さ100mもある地域のシンボルで、その山頂にある千曲公園からは上田市街地や周辺地域を一望できます。

■「道の駅」 A=41,400㎡ ■「川の駅(水辺プラザ)」 A=41,000㎡

 

おとぎの里は、長期構想を策定し活動をしています。

おとぎの里の長期構想 「平成26年度改定グランドデザイン」

第3期 グランドデザイン A-4  29p     グランドデザイン  構成フロー図 A-3 1p

【1ページづつ表示 :  表紙 p1「目次」  p2、 p3「デザイン構成」  p4「デザイン構成」  p5「グランドデザインの構成(フロー図)」  p6「第一章 基本構想」表紙  p7、p8「基本理念・基本方針」と「キャッチフレーズ」  p9 、p10「主要プログラム 1.2.3.4」  p11「主要プログラム/緊急プログラム」  p12「第二章 基本計画」表紙  p13「「基本構想・主要プログラム」と「基本計画」の関係図」   p14、p15「基本計画 11項目」  p16「第三章 実施計画」表紙  p17「「基本計画」と「実施事業」の関係図」 p18~p29「実施計画…事業概要」 フロー図A-3 】

>入会・施設利用のご予約・お問い合わせはこちら

  •  ◆建物外観
    外観
  •  ◆ヘリポート
    ヘリポート
  • 「にゃん」と「ちゅー」
  • IMG_4748
  • 遊ぶ・見る
  • 食べる・買う
  • 学ぶ・体験する